アイ&アイのサービス

Worksウッドワン、スイージ+タイル、オリジナルキッチンのご紹介

ウッドワン、スイージ+タイル、オリジナルキッチンのご紹介

 

独立型のL型キッチンでした。お伺いした時一番強く私が思ったこと、
「お庭に面した日当たりのいい、また、高台という立地ならではのロケーション。対面式のキッチンなら、ここしかない」

施工前の様子です。

カップボードを置いて作業スペースを確保すると、大きな掃出し窓ギリギリにカウンターが来ることになってしまいました。
それでも、家中で一番日当たりのいい、このスペースを生かすことに賛同頂きました。

給排水の切り離し後、解体。

仮配管が終わった状態。
ねこちゃん11匹、わんちゃん2匹のお宅のキッチン。奥様の絶対なるご要望、「掃除がしやすい事」。
そこでご提案させて頂いたのは、テラコッタのタイル。

テラコッタが貼られた状態。
「タイルは冬は冷たくない?」とのご質問、「テラコッタ、素焼きで、磁器タイルではないので、温かく感じますよ。」
リフォームから1年半が過ぎてお尋ねしたところ、「汚れたら”亀の子たわし”でゴシゴシしてもなんともない。色も質感もいい感じ。
何より清潔でよかったとの感想でした。

さてキッチンはというと、当社の家具工場で着々と造作されています。
シンク、水栓金具、ユニット、配管の部材すべてを家具工場に送ります。

これが工場で仮に組み上げられたキッチン。又バラバラにして、現地で組み立てます。

側面のニッチはこちらからのご提案。雑誌や新聞をサクサクっと片付けたいとのご要望でした。

キッチン全面のカウンターと吊戸は、水に強いウレタン塗装済みの無垢床材を使用しました。
家具工場、ウッドワーカー、とにかくプロ仕事ですので、妥協しない。無垢床材に合わせた色の枠材を探して加工。
「違和感ないやろ」っと自慢していました。

いよいよキッチンが設置されます。
給排水のつなぎこみ、レンジフード、IHと電気設備も同時進行で行います。

次はタイルです。

コテコテのタイル屋さん、難なくクリアー。
ニッチの中もタイルで仕上げて-って頼んだら、「え~」って言いながら難なくこちらも終了。
「できるやん」って言うと、「一応、もったいつけとかなー」と茶目っ気たっぷりの職人さんです。

吊戸はボルト固定して、天井から降ろします。
レンジフードの高さぴったりで仕上げます。

カップボードもウッドワン、触ると木の凹凸、手触りが温かい。
手入は大変かもしれないけれど、天然木だから傷付きやすいけれど、
無垢だから経年でそれも味となる。
そんな、贅沢で温かいキッチンです。

カウンター近くのコンセント位置ですが、独断と偏見でここに付けちゃいました。
後から、奥様に「これが一番うれしい」とおっしゃっていただきました。

携帯の充電やノートパソコンなど何かと必要なコンセント。
カウンターの下に隠したら絶対使いづらいですよね。

元々L型のキッチンがあったところはペットたちの為の部屋となりました。

リビングの無垢床とテラコッタタイルの高さはぴったり、見切りもつけず段差なし。
当店の大工集団「匠建装」、さすがに建設大工一級検定に一発合格し、優秀賞まで頂いた技は当店の施工品質そのものです。

ご紹介したC様邸のリフォームは、間取り変更他すべて合わせると税込830万円の工事でした。
今回は、その工事の中でキッチンに焦点をあわせてご紹介しました。

オリジナルキッチンですもの、いつ行ってもきれい。お掃除好きのC様ならではのチョイスだと思います。

pagetop