アイ&アイのサービス

Worksクラックに悩まされたモルタルの外壁、驚きの弾力、スタッコラーストに塗替えられました。

クラックに悩まされたモルタルの外壁、驚きの弾力、スタッコラーストに塗替えられました。

リフォームは外からと言います。どんなに内装がステキでも、お家の中に入るまではわかりません。

それに、外部から雨漏りなんかしてしまったら、高級絨毯や家具も台無しになってしまいます。

この仕事をして、つくづく、家は外側が優先で、内側をまもってこそ、内装が生かされてくくるんだと思います。

今回ご紹介させていただく外壁塗装は、現況はモルタルの外壁、あちこちにクラック(ヒビ)が入って、

そこかしこ補修がされています。

施工前のお写真がこれです。

885e66546a8b55837ff4b15abad9e227-1024x768c223f5b7bab01b2fb8b6224642ef509c1-768x1024

当店がお勧めしたのは、アメリカの厳しい基準に合格し、

天然素材、大理石を原材料にした塗り壁材、スタッコラーストです。

P1010011-768x1024

全て、職人がコテで塗ります。

P1010017-768x1024

最初に下塗りをしたのち、

普通の塗装と違うのは、クラックが入りにくするためグラスメッシュガイバーを中に敷きます。

くわしくはこちらをご覧ください。

 

P1010013 ?P10100153-1024x768

外壁部の面積にもよりますが、通常の外壁塗装に比べると、1缶づつ開けて、色子を混ぜて、

こねてコテで塗って行きますので時間はかなりかかります。

そうして、たくさんの手間と時間を掛けて仕上がった外壁塗装がこちらです。

1-1024x7682-1024x768

きれいにコテの跡がついているのがわかりますか?

金額的には、材料代も高い、手間も高い、付随する材料も必要ですが、長い目でみるとどうなのでしょうね?

こちらのT様は、最初に来店されお見積りをし、ご予算オーバー、オーバー分を又貯金して、

最初のお見積りから1年後に施工をさせて頂きました。

くわしい商品の情報は、ブライトン社のスタッコラーストをご覧ください。

 

 

pagetop