アイ&アイのサービス

Worksペット用壁紙の張替とタイルカーペットから木目調ビニル床タイルへリフォーム完了!

ペット用壁紙の張替とタイルカーペットから木目調ビニル床タイルへリフォーム完了!

リビング、廊下の壁紙張替、寝室の壁紙と床の施工を承りました。以前からお世話になっているお得意先様からのご依頼で二世帯住宅で、今までお使いになられていなかった住まいを、家族が増えるからと壁紙の張替のご依頼でした。
お使いになられてなかったお部屋 リビングの施工前の様子です。

施工前のリビングの様子です。2世帯住宅の大きなお宅、いままでお使いになられてなかったとのことでした。
↑こちらは、施工前、アーチ型に抜かれた廊下のようすです。
左側の下、ねこちゃんががりがりした後です。
今回のリフォームに関してお客様のご要望は、

1)猫を飼っていらして、廊下のある場所だけ特に引っ掻くのでペット用の壁紙を貼って欲しい。

2)寝室のタイルカーペットの床が、やっぱり猫の毛が気になるので出来ればフローリングにしてほしい。

大きくこの二つがご要望で、内装のリフォームには必ずと言っていいほど付いてくる窓周りのお取替とクローゼットの扉の調正でした。

日本はペット文化の国とも言われ、ペットと共存するためのインテリア業界各社力を入れている商材の一つです。傷、匂い、抗菌、又ペットの足に負担がかからない商材、ペットの為の出入り口と様々です。今回お施主様が選ばれたのは、傷に強いペット用の壁紙でした。

現場を拝見にお伺いしますと、まあリビングの広い事、広々と開放的で気持ちの良い間取りです。又、問題の猫が大好きな壁は、壁からそのまま天井までアーチ型に繋がっており、ぐぐっと壁から天井まで繋いで貼らないといけません。ましてや、ペット用壁紙、傷に強いだけあって普通の壁紙に比べ固く伸びません。

実はこれ、一度貼って仕上がりが良くなかったのでもう一度貼り直しをしました。

ペット用の壁紙は「つるん」として凹凸がなく、猫の爪がひっかかりにくくなっています。

すっかりきれいになりました。その後、猫ちゃんはこの壁には近寄らないらしいです。

実はこのアーチの壁、一度貼って、仕上がりが良くないと剥がしてもう一度下地処理して張替を致しました。

でも施工後にお伺いした際に奥様が、「やっぱり不思議ですね、猫が引っ掻かなくなりました」とおっしゃっていました。効果がちゃんと出るのですね、流石それとうたった商品だと感心したところです。

機能が付いた壁紙、各メーカーさまざまに工夫を凝らしていますが、やはり効果が出ないと淘汰されていくものですよね、効果があるから現在もそれとして売り出せるって事なんだと今更ながら思いました。

こちらはリビングを張り替え後の施工写真です。天井が高く傾斜になっていましたのでちょっと大変でした。

次は、ご寝室です。

施工前の様子です。カーペットはベルギー製のタイルカーペットだそうです。猫の毛が気になるとのこと。

このご寝室のタイルカーペットに関しましては、かなり決定まで時間を要しました。と申しますのが、タイルカーペットの厚みとフローリングの厚みでは差がありすぎるのです。一般的にはその差は、下敷きを木で作って貼りつけてからフローリングを貼っていきます。ただ、その作業は、糊やボンドを使って貼りつけますので、元にもどしてタイルカーペットにしようとすると又大変な作業になり、しかも元通りつるんとした状態には戻りません。

あれこれ考えた結果、当店が提案致しました商品は、リリカラのレイフロアーなる商品です。こちらは、フローリングと同じようなサイズ展開で、フローリングの巾から色調までさまざま選べ、施工は、タイルカーペットを貼る時と同じ様な特殊な糊を使います。テイストは木目と石目調から選べます。簡易接着(ピールアップ工法)なので剥がす時も下地を傷めず楽々で部分張替も容易にできます。剥がせる安心感と施工の簡易性、木目の風合い、お掃除し易さを考え、こちらに決めて頂きました。

決め手は剥がせるって事です。お施主さんのご要望で、将来は又タイルカーペットにするかもしれないので、また変更しやすい様な商材にしてほしいとの事でした。

リリカラレイフロアウインディーメイプル

リリカラレイフロアウインディーメイプル

施工後に歩いてみると、やっぱりフローリングとは違う感触で、冷たくは無いのですが木の温かさも感じる事はできませんでしたが、すっきりと清潔感があり、明るい仕上がりとなったと思います。

 

最後は、カーテンとロールスクリーンを取付ました。明るいポップな柄をお選びになり、施工前の落ち着いたイメージから一転、若々しいお部屋となりました。

↑ニチベイ、デザイナーズシリーズです。書斎とリビングの間仕切りに採用されました。存在感があってステキですね。

↑こちらもニチベイです。以前はナチュラルなベージュでしたが、今回お住まいになられるのがお嬢様ご夫婦とあって、明るくポップなデザインを選ばれました。

又最後に追加で和室の障子をカーテンにとのご相談を頂きました。こちらも、障子の桟をネコちゃんにやられていました。ですが、行く行くは又障子に戻したい、とりあえずお子様がお小さい間だけカーテンにしたいとのご要望でした。

こちらは障子の建具のサンにすっぽりと入り込むレールを直接取付して、将来レールを外しても見える所に傷を残さないやり方で取付ました。

箱庭が広がり奥ゆかしい素敵な和室、今だけちょっとにぎやかに動物がらのカーテンが掛っています。

工期は一週間程度で仕上がりました。壁紙や床はやはり面積が広いので、取り替えると全く違ったイメージになりますね。

工期10日程度で、すべての工事完了しました。

pagetop