アイ&アイのサービス

Worksリビング階段、冷気を遮る間仕切りカーテン マリメッコ『PUISTOTIE』。 

リビング階段、冷気を遮る間仕切りカーテン マリメッコ『PUISTOTIE』。 

最近の、新築住宅、ほとんどがリビングから2階に上がれる様なリビング階段が多いですね。

リビング階段は、家族のコミニュケーションを取りやすくすると言われる一方で、空気の逃げ道があるので、冷暖房の効きが悪い、つまり、冬は寒いと言われます。

今日ご紹介するのは、昨年の1月、ちょうど一年前にご新築されたお客様。ご新築の際、オーダーカーテンを承りました。

一年が過ぎて「やっぱりリビング階段は寒い!」とのご相談です。

一般的にはロールスクリーンなのでしょうが、今回はカーテンを取り付けました。IMG_0988

 

仕上がった写真

IMG_0991

結果は大成功。

IMG_0993

二階から降りてくる時の見え方です。

カーテンレールは、天井に目立たないようにシンプルなものを選びました。

カーテンの動きです。

選ばれた生地は、林のような大胆なデザインの柄『PUISTOTIE-パークロード』。

一枚のタペストリーを垂らす感じ、その向こうに階段があることを感じさせない、インテリアアイテムとして飾る感じ

で仕上げたいとのことです。

北欧のデザイン、マリメッコ、ほっこりするような大柄が多いですね。

但し、この生地はコットン100%ですので、お洗濯ができません。ドライクリーニングとなります。

この生地1枚では薄いので、裏地にキャンパス地のような厚地のポリエステル、白い無地を付けました。

遮光生地や、色つきですと、この柄のイメージが変わってしまうのではないかと考えました。

いい感じに光を通し、明るく仕上がりました。

IMG_0992

カーテンでしたら、使わない季節は取り外しができます。ロールスクリーンも巻き上げてしまえば、天井に

丸い筒がついている感じで比較的目立たないとは思いますが・・・。

何より使い勝手が良いのは、出入りし易い事です。小さなお子様や、荷物を持って階段を通る時、縦に動いた方が

断然使いやすい。ロールスクリーンだとどうしても横からくぐるか、チェーンやプルコードを引っ張って上に上げないと

通れない。

人の動きを考えると「カーテンもありですよ」とご提案してできた間仕切りです。

大胆な柄ですが、お宅のインテリアは全体的に控えめなお色、ウオールナットと白が基調となっていますので、

その中で、このカーテンが一際際立っていました。

2015.1.25 施工完了 神崎市 H様邸

 

 

pagetop