アイ&アイのサービス

Works歴史の町、秋月、古い由緒ある家の中にそのままにしてあった籐椅子、蘇る。

歴史の町、秋月、古い由緒ある家の中にそのままにしてあった籐椅子、蘇る。

明治時代か昭和初期、ずいぶん古い籐椅子の張替のご依頼です。

籐は、今や材料が品薄で手に入れる事が困難な材料です。

果たして張替ができるのか、不安でした。

椅子の張替で呼ばれたので伺うと、

座面の裏側はこういう状態。

籐椅子は、材料が手に入らず修繕は難しい事をお伝えして、お預かりとなりました。

幸いなことに籐の部分は修繕が必要なく、スプリング交換と座面張替となりました。

鋲で留めてあり、木の部分になんとか又鋲が打ち込めました。

横姿も風情があります。

 

こちらは記念館か何かにお使いになられるのか、古いものがたくさん展示されていました。

 

お椅子は2脚、無事納品完了。

貼り地は、サンゲツの椅子生地で、新柄なのですが、なんともレトロに仕上がりました。

pagetop