アイ&アイのサービス

WorksカジュアルPOP 北欧っぽい大柄の花柄はボーダーで切り替えアクセントに!

カジュアルPOP 北欧っぽい大柄の花柄はボーダーで切り替えアクセントに!

ダイワハウスさんでご新築。ご来店のきっかけは、奥様のお知り合いの方が以前当店でご新築の際カーテン工事を

されたという事でご紹介でした。

ダイワハウスさんからのご提案ボードを持って来られていましたが、図面はお持ちではありませんでした。

色々とお話をして行く内に「まず、現場を見て欲しい」ということになり、そのままお店からご建築中のお宅へ

お邪魔することになりました。

その時は、まだ建具もなく、階段も無く、窓枠も無く、家の中が見渡せる状態で、「へえ~、軽量鉄骨の

お家はこうやってできるんだ」ってちょっとびっくりしました。

さて、お二人がリビングに選ばれたカーテンは、ざっくりとした生地に花束を手書きタッチで

表現した北欧風のデザインです。

AZ60052-150x150G60051-150x150 AZ60062-150x150 G60063-150x150

S6005_65831-239x300

裾に30cmのボーダーを入れたコンビネーションスタイル。タッセルのお色はボーダーの茶色でアクセントを付けました。

 

DSCF5609-1024x767 DSCF5611-1024x767

柄を生かすように、吊元はフラットスタイルで、レールの幅の1.2倍の仕上がり寸法でゆったりとしたウエーヴが自然です。

フラットカーテンと二倍三山のカーテン、オーダーカーテンと言えばやはり後者で、しっかりと二倍のヒダをとり、

きれいなドレープが出るカーテンの仕上げ方はオーソドックスで仕上げるととてもきれいです。ですが、ヒダをとらない、

ストンと布を吊り下げたイメージのフラットカーテンも生地によっては、個性的で若い方には人気です。

DSCF5614-1024x767

カーテンを束ねるタッセルは、ゴーダーと合わせて茶色の生地で作りました。引き締まった感じで統一感があります。

ボーダーとダイニング側の腰高窓には、ダブルシェードをお勧めしました。こちらも、同じ様に裾にボーダーを入れて、

掃出し窓とあわせました。

リビングの横には続き間には、和室があります。和室には掃出し窓が一つ、定番のプリーツスクリーンが入りました。

優しいピンク色は、親は全体を柔らかいイメージになります。

DSCF5603-1024x767

リビング続きの和室には、プリーツスクリーンです。掃出し窓でしたら絶対ワンチェーンタイプをお勧めします。

価格は一番高いのですが、操作が解り易く、紐を直接手繰り寄せるコード式に比べて、故障も少ない優れものです。

だいたい、お店で現物をお見せして、コード式、ドラム式、チェーン式、ワンチェーン式とご説明すると、

ほとんどのお客様がワンチェーンで決めて行かれます。私たちの経験が、お客様に強くお勧めできる所以です。

さて最後にご寝室をご紹介します。

DSCF5618-1024x767

一面だけ濃い茶の壁紙が貼られており、こちらもどちらかと言うと北欧風の大柄ですね。

当店オリジナルのワンプライスカーテンで掃出し窓と横に長い高窓には、シングルでシェードを作りました。

モダンですがちょっとPOP、若いご夫婦らしい今風のオーダーカーテンです。

お子様は、まだお小さいので今回はカーテンレールだけを取付て、カーテンは手持ちの物でコストダウン。

私がいつも申し上げるのは、「カーテンレールだけは、しっかりしたメーカーの物を取り付けられることをお勧めします。

大切なお家に傷を付けて取り付ける物です。曲がったり、ランナーの滑りがわるかったり、ランナーが脱輪したりと、

問題が起きる場合があります。

結局どんないいカーテンを吊っても、ランナーの滑りが悪ければ、生地を強く引いたりして生地が傷みやすいし、ランナーが脱輪したりすれば、論外です。

だから、すぐに使わない部屋はレールだけ取り付けて、カーテンは量販店で買われたり、

手持ちでとりあえず済ませたりされて、大事なリビングなどにご予算を使われることをお勧めしています。

 

pagetop